大量のナスの良い保存方法が知りたいです。

家庭菜園でいろいろな野菜を作っています。

中でも今年はナスをたくさん作ったので、収穫もたくさんありました。

ナスはいろいろな料理に使えるので、とても重宝しているのですが、良い保存方法がなかなか見つからないのが悩みです。

以前は食べ切れなかったナスは薄切りにして、塩揉みをして水分を出したものを冷凍保存していました。

しかし、ナスはすぐに色が変わってしまい、黒ずんでしまうこともあり、見た目が悪くなってしまいます。

さらに冷凍したものを再利用したのですが、あまり美味しくありませんでした。

今年はぬか漬けやカラシ漬けの他にも、ナス味噌や蒸かしナス、煮ナスなどにして食べています。

それでも毎回食卓にたくさんのナス料理が並ぶと、どうしても飽きが来てしまいます。

最初は珍しがって美味しく食べていた家族も、徐々に箸が進まなくなってきました。

結局、食べ切れなかったナスは樽で味噌漬けにして、来年の夏までの保存食にしました。

漬物は美味しいのですが、どうしても塩分が気になってしまいます。

夏野菜は一時期に大量に収穫できるので、やはりそれを活用できる保存方法を知っておくことが大切だと感じました。

これから秋ナスが美味しい季節です。

新鮮なナスを食べられるのもあと少しですが、今年のナスの味を最後まで味わっていきたいと思っています。

どうしてお腹が出るのかなあー

出産してからというもの、まあお腹周りがひどい状態です。もう出産して一年。

少しずつ元に戻ってはきましたが、お腹の周りに浮き輪でも付けたかのようなフォルムです。

お腹だけでなく全体的にお肉が付いた感じで、体重も妊娠前より5㎏増えました。

確かに運動らしい運動はしてませんし、食事も立ったままパパっと流し込むように食べちゃってますし、夜寝る前にケーキとかチョコとか毎晩のように食べちゃってますけど・・・そりゃ痩せないわ。

でも、妊娠前はスリムな体型で周りの皆に「スタイル良いね」って言われてたのに・・・。

スタイルだけは自信あったのに・・・。また妊娠前のスタイルに戻りたいなあ。

胸はなかったけど、腰のくびれはキュッとしてたし、お尻も垂れてなかったし。

クリームたくさん塗ったおかげか、妊娠線は一本もできなかったから、痩せてビキニ着たいなあ。

女優さんやモデルさんは本当に凄いなと思います。

出産後すぐに体型戻して綺麗なままだし、凄く努力されてるんだろうなと思うと、自分もちょっとだけ頑張ろうかなと思えてきました。

とりあえず夜寝る前の甘い物を控えて、スレンダートーンを巻くのをさぼらないようにします。夏までにくびれつくってビキニ着るぞー!!

得意な豚のしょうが焼き、苦手な卵焼き

私は料理が苦手なほうなのですが、結婚してからだいぶ頑張りました。

幸い夫が料理にあまりこだわらないほうなので、よほど不味くなければ文句も言いません。

そのあたりは、本当にありがたいです。

夫は白米があればそれでいいという人なのです。

ですので、私は夫のおかげで色々なことを試すことが出来るのです。

私は料理が苦手なほうといっても、何も作れ無い訳でもありませんし、全てが不味いわけでもありません。

ただ、得意と言える料理は少ないですね。

得意なのは、豚のしょうが焼きでしょうか。

タレが美味しいと誉めてもらえます。

初めて誉めてもらえたときは本当に嬉しくて、たくさん作りたくなってしまいました。

もちろんそんなことをしたら夫の体が大変なことになってしまうので、作りすぎないよう気をつけています。

逆に、苦手な料理は卵焼きです。

夫曰くちゃんと美味しいらしいから気にしなくていいとのことなのですが、見た目があまり美味しそうに見えないのです。

あと、私が作る卵焼きはしょっぱいものなのですが、味がかなり薄くなってしまうのです。

しょっぱすぎないだけ良いのかもしれませんが、なんとか頑張っていい味にしたいものですね。

とにかくまずは、見た目をなんとかしたいです。

天気が悪くてスッキリしない日はお掃除を

台風の季節ですね。

雨風が強くて外に出るのがイヤになります。

梅雨の時期もそうなのですが、こう天気の悪い日が続くと気分もなんだかスッキリしません。

このような天気が悪くて、外出も控えたいような日に私がすること。

それはお掃除です。

普段はあまり掃除しないようなところを徹底的にキレイにします。

シンクやお風呂の水垢や換気扇の掃除、壁などの普段見て見ぬふりをする場所もキレイにします。

普段は忙しかったりしてなかなか掃除しない部分も、見て見ぬふりをしているだけで目には入っています。

このような場所をキレイにするとそれだけで普段の生活の垢が取れた気がしてスッキリします。

掃除ってストレス解消にもいいと思うんですよね。

私が普段このような掃除で使う道具は重曹です。

強力な洗剤を使うと汚れ落ちはいいし早くキレイになって楽ですが、その分身体に悪い影響がありそうであまり使っていません。

重曹であれば口に入ってもなんの問題もありませんし、何気にあの重曹でピカピカになる感覚が好きなんですよね。

重曹での掃除法を知って以来、私はその他の掃除道具を極力使わないようにしています。

今日も天気が悪いので、重曹パワーで家中ピカピカにして、気持ちもスッキリさせようと思います。

天ぷらを食べに行ってきました。

先日、天ぷらを友人と食べに行こうという話になって、いってきました。チェックしていたのは、テレビでも取り上げられて、今繁盛している市内の天ぷら屋さんです。

さすがにお昼時ともなると、かなりの人。人気店だけあって、行列です。ちょうど私たちの前には、韓国からきた親子連れがいました。ここの天ぷら屋さんのシステムは、まず券売機で食券を買う仕組み。だけど韓国や中国の方向けの表記は一切なく、どうも困った感じでした。

私は意を決して、英語で話しかけてみました。そうしたら、やはり困っていたようで、食べたいものを聞いて、そのメニューにあったチケットのボタンを教えてあげました。大変感謝されて少しは役に立ってよかったと思いました。最近は、結構韓国や中国の海外の方も多く、メニューがすべて日本語表記のみで写真がなかったり、券売機だったりすると、ハードルがあがりますね。もう少し外国人にも優しい街づくりが必要かもしれないと思いましたが、すべての飲食店にそうさせるのもやっぱり難しいことですし、そこは企業努力になるのでしょうね。

そのあと私たちも席に座って天ぷらを待ちました。ここの天ぷら屋さんの特徴は揚げたてをテーブルにもってきてくれるところです。そのため、店内はカウンターのみで、コの字をかいたような配置になっています。2名の職人で揚げた天ぷらをオーダーを間違わないようにおいていくのは、もう一種の職人技と言ってもいいかもしれません。サクサクの天ぷらを食べて、満足でした。たまにはこうした息抜きも必要かなーと思っています。

「こうなりたい」願望と予定表を書き込む、ポジティブ手帳

私の友人に、見るからに「毎日ものすごく充実しています!」という感じの40代女性がいます。お嬢さん達の習い事、自分のパートや趣味のスポーツサークルのことなど、いつ会ってもとても楽しそうに話されるので、こちらまで元気をもらうように感じられる、素敵な先輩です。

彼女は話す量がかなり大量にあると思うのですが、不思議と聞いていて嫌味な感じや、自慢をされるような感覚は全くしません。常に前向きで、ポジティブに「こうしたいんですよ♪」という未来への希望を持っているからでしょうか。

ある時思い切って、「どうしてそんな風に、常にキラキラしているんです?」と直接聞いてみました。すると彼女は一瞬考えた様子で、「たぶん、手帳のおかげだと思うんですよね」と言いました。そしてバッグから取り出したのが、華奢な彼女にはやや不釣り合いな分厚い手帳でした。革張りの厚いもので、さらりと開いて見せてくれた中には、1ページ1日分の「予定」がぎっしり。

「うわあ、予定がいっぱいで忙しいですね」というと、予定だけではなく、日々の気づいたことやレシピ、なりたいイメージや好きなものなどを細かく書き留めている、というのです。

「日記にするとあったことしか書けないけど、予定表ならこうしたい、こうなりたいという希望をどんどん書き込めるから」と言います。確かに、小さな希望や願望などは、言いっぱなしで終わるより書いて形に残した方が実現しやすい、と聞いたことはあります。プライベートなものなのであまり凝視はできなかったのですが、こういった形で「自分の現在を未来に向けた形で楽しくする」ということができるのだな、と感心しました。私もひそかに真似をして、手帳の書き込みを始めてみようかと思っています。

若々しく元気なママでいるために

最近、運動不足を実感している私は、せめて日々の買い物でスーパーを往復する時くらいはダラダラ歩くことはやめようと思っています。ですのでけっこう速足で歩いているのですが、これがなかなか良い運動になっているように感じます。

スーパーへの往復の距離自体はさほどたいしたものではありませんが、それでも往復で合計三十分程度は歩いていることになります。実際に運動をしている人からしたらたかが三十分程度は運動とも言えないかもしれませんが、普段体を動かす機会のない私にとってはこれが貴重な運動の時間です。

またどうせならただ早歩きをするだけでなく、もっと他に何かできないかなと考えて、数か月前くらいからは買い物帰りの食材が入ったレジ袋を上げ下げしながら歩いたりもするようになりました。この食材がたくさん入ったレジ袋というのはけっこうな重さがあるので、それを上げ下げしながら歩くと二の腕を鍛えるのにピッタリなのです。

私はもともとがズボラなのでわざわざ時間を設けて筋トレやスポーツをするのは続かないため、こうやってながら運動をして少しでも運動不足の解消ができればいいかなと思っています。

そしていつまでも若々しく元気なお母さんでいたいものです。