天ぷらを食べに行ってきました。

先日、天ぷらを友人と食べに行こうという話になって、いってきました。チェックしていたのは、テレビでも取り上げられて、今繁盛している市内の天ぷら屋さんです。

さすがにお昼時ともなると、かなりの人。人気店だけあって、行列です。ちょうど私たちの前には、韓国からきた親子連れがいました。ここの天ぷら屋さんのシステムは、まず券売機で食券を買う仕組み。だけど韓国や中国の方向けの表記は一切なく、どうも困った感じでした。

私は意を決して、英語で話しかけてみました。そうしたら、やはり困っていたようで、食べたいものを聞いて、そのメニューにあったチケットのボタンを教えてあげました。大変感謝されて少しは役に立ってよかったと思いました。最近は、結構韓国や中国の海外の方も多く、メニューがすべて日本語表記のみで写真がなかったり、券売機だったりすると、ハードルがあがりますね。もう少し外国人にも優しい街づくりが必要かもしれないと思いましたが、すべての飲食店にそうさせるのもやっぱり難しいことですし、そこは企業努力になるのでしょうね。

そのあと私たちも席に座って天ぷらを待ちました。ここの天ぷら屋さんの特徴は揚げたてをテーブルにもってきてくれるところです。そのため、店内はカウンターのみで、コの字をかいたような配置になっています。2名の職人で揚げた天ぷらをオーダーを間違わないようにおいていくのは、もう一種の職人技と言ってもいいかもしれません。サクサクの天ぷらを食べて、満足でした。たまにはこうした息抜きも必要かなーと思っています。